最近の歯科の意外なサービス

歯医者というと

最近の歯科の意外なサービス

★29歳 女性

歯医者というと、虫歯除去や虫歯予防のための病院であって、甘いものの話をするのは厳禁というイメージがありますが、最近では子どもの定期健診に行くと、帰りにチョコレートがもらえるのです。
子どもはチョコレートやがんばったご褒美欲しさに、楽しんで定期健診に行くようになりました。

さてこのチョコレートは、よくコマーシャルでも見かけるキシリトールが甘味料に使用されているので、歯のエナメル質を溶かすどころか、歯の再石灰化をしてくれる優れものなのです。
私たち大人が子どものころは、歯医者は痛いところというトラウマが多くの人に残って、歯医者嫌いの方も少なくないと思いますが、幼少期から定期健診で痛くないイメージを持って通うと、今後もスムーズに通いやすくなりますよね。
また、大人の方でどうしても歯医者が苦手という方でも、静脈内沈静法や笑気麻酔という方法が取り入れられていて、こういった麻酔は大学病院や総合病院など大きな歯科しか行っていない印象ですが、最近では個人病院で行っているところもあり、どうしても怖くて行けない方にはおすすめのサービスです。

子供のころは歯医者にいくのが本当に嫌で

★32歳 女性

子供のころは歯医者にいくのが本当に嫌で、すぐに通わなければいけなかったのに、一か月後になり、一年後になってしまうことも多かったです。

それもこれも、歯科に行くのが嫌いになった原因は、初めて歯科へ行った時の印象だったような気がします。まず、初めて歯科へ行った時の、今からどのようなことをされるのかもわからないまま、治療が始まることへの恐怖や麻酔や治療の痛さ、治療の時の音は今でも忘れません。

しかし、今では歯科といっても、治療内容の説明はもちろん、痛くない治療や音があまり聞こえないようになど、いろいろな工夫がされています。そして、中には眠っている間に治療をしてくれるところがあります。また、子供が不安にならないように音楽がかかっていたり、テレビを見ながら治療が行われたりというところもあります。
今になって思うと、今歯科で治療を受けていたら、歯科を嫌いにならなかったし、通うことが億劫にならなかったのにと思ってしまいます。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 最近の歯科の意外なサービス All Rights Reserved.