最近の歯科の意外なサービス

最近はBGMを患者の好きな曲にしてくれ

最近の歯科の意外なサービス

★32歳 女性

最近はBGMを患者の好きな曲にしてくれ、スタッフがフェイシャルエステやリンパマッサージなどのサービスをしてくれる歯科があるそうだ。

しかし、アメリカのとある小児歯科ではもっと意外なサービスをしているそうだ。それは歯科医の愛犬を治療中の子供の側に付き添わせて、犬の癒しの力で子供をリラックスさせるというサービスだ。愛犬はトレーニングを受け、セラピードッグとしての認定を得ているそうだ。患者は治療中、犬に触ることも可能で、子供達の間で大好評。毎週木曜日だけのサービスだが、希望者は増えるばかりなのだそうだ。
先日、歯科に行っていた時、隣のイスで子供が治療を受けていたのだが、泣き喚き、口をなかなか開けない。母親が何とかしてやっと口を開けて治療が始めたとたん、医師の指を噛んでしまった。医師はゴム手袋をしているにも関わらず、出血をする傷を負った。このようなことでは後の治療にも差支えがある。
衛生面が気になるところではあるが、子供がリラックスして治療を受けてくれるのであれば、動物の力を借りたサービスもいいと思う。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 最近の歯科の意外なサービス All Rights Reserved.